FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

管理人

Author:管理人
福島県双葉郡大熊町立小学校へようこそ!

現在は以下の場所にて学校を再開しております!
〒969-3411 会津若松市河東町大田原字村中186
電話:0242-7@-1821
FAX:0242-7@-1822
※いたずら防止のため上記@を6に直してください!

これまでの閲覧者数(2011.10.24設置)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

こどもの読書週間

2019.05.08 16:15|読書
 4月23日(火)~5月12日(日)までこどもの読書週間です。
 本校でも、すべての児童が、自分で選んだベストブックの紹介したい内容を、おおくま学習センターの廊下に掲示しています。
 友達の紹介文を読んでみて、この本読んでみたいなと思えるような本に出会えたらいいですね。
 IMG_0924_convert_20190508144001.jpg

読み聞かせ

2019.03.20 17:01|読書
 今日の読書の時間に、読み聞かせがありました。
 最初に図書委員会の人達が「今日はなんてうんがいいんだろう」という本を読んでくれました。3人で読みましたが、上手に読めていました。

 IMG_9587_convert_20190320162516.jpg

 次に久恵先生が震災当初は、学校に本が一冊も本がなかったこと、今はたくさんの支援のおかげで1万4千冊もの本があること、本があることへの感謝、本を大切にすることを話してもらい、おすすめの「まいにちがプレゼント」を読んでくれました。

 IMG_9592_convert_20190320162552.jpg

 最後に恵先生が、「ともだち」「たくさんのドア」という本を紹介した。夢にむかって頑張ることの大切さが伝わってくる本で、児童の感想では「これからたくさんのことがあるけど、最後の言葉を聞いて自信を持って中学校へ進んでいこうと思いました。」という発表があった。恵先生からは、「皆さんは先生方も、地域の方からも守っている。」という話をしてくれました。

IMG_9603_convert_20190320162632.jpg

 

先生による読み聞かせ

2019.03.05 13:23|読書
 1日(金)の昼休みの読書タイムに、先生による読み聞かせが行われました。今回は、猪狩先生と門馬先生でした。
 猪狩先生は、「いのちのまつりかがやいている」を読んでくださいました。子どもの目線で、子どもたちがどう生きたらいいのかを考えさせる内容の本でした。

IMG_8622_convert_20190304105943.jpg

 門馬先生は、「わすれないおくりもの」という、アナグマの死をとおして生きる価値を再発見できる本です。読み終わった後、アニマシオを取り入れた登場人物を当てるゲームを行いました。子どもたちは、よく話を聞いて内容を理解していたので、どの登場人物なのかすぐ分かったようでした。

IMG_8630_convert_20190304110149.jpg

IMG_8634_convert_20190304110213.jpg

IMG_8637_convert_20190304110246.jpg


読み聞かせ

2019.01.18 14:40|読書
 今日は、金曜日なので、全校読書の日です。今回は、吉田教頭先生が読み聞かせをしてくださいました。本の名前は、『あたご浦』。鯛やタコなどたくさんの生き物が登場し、みんなで宴会を行うという楽しいお話です。子どもたちも笑顔を見せながら、聞き入っていました。

IMG_6974_convert_20190118140418.jpg

 読み聞かせが終わると、教頭先生は、魚や松、月などが描かれたカードを渡しました。今度は、読んでいる途中自分のカードに書かれているものが登場してきたら、「ここだよ!」と言って、カードを上げるアニマシオン作戦(読書活動の一つ)が始まりました。最初は、なかなか、タイミングよくカードを上げることができなかった子どもたちでしたが、段々コツをつかみ、上手にカードを上げることができるようになりました。上げるタイミングをまちがっても、みんなで笑って、楽しい読み聞かせとなりました。

IMG_6986_convert_20190118140442.jpg

教員による読み聞かせ

2018.10.26 16:36|読書
 本日は、月末金曜日なので、教員による読み聞かせの日です。今回は、永山先生と齋藤先生です
 永山先生は、『おばあちゃんちのしんぶんし』と漫画ドラえもんの『僕が生まれた日』という話の紹介をしていただきました。人と人のつながりを考えてほしいという思いからお勧めしたそうです。
 齋藤先生は、栃木県市貝町の『いちかいの民話』に収容されているご自身についての被災話を読んでくれました。子どもたちに、家族のありがたさを知ってもらいたくて紹介したそうです。

IMG_4892_convert_20181026154318.jpg

IMG_4896_convert_20181026154348.jpg