08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

管理人

Author:管理人
福島県双葉郡大熊町立熊町小学校へようこそ!

現在は以下の場所にて学校を再開しております!
〒969-3411 会津若松市河東町大田原字村中186
電話:0242-7@-1821
FAX:0242-7@-1822
※いたずら防止のため上記@を6に直してください!

これまでの閲覧者数(2011.10.24設置)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

学校だより「わが町」第29号

2013.03.13 06:15|お知らせ
   平成24年度 熊町小学校学校だより第29号
   平成25年 3月11日 文責 佐々木 茂美

1 感動的でした、6年生を送る会
 8日(金)に「6年生を送る会」がありました。この「6年生
を送る会」は、卒業を控えた6年生に、全校生が卒業を祝うとと
もに、感謝の気持ちを表現する会でもありますが、とても感動的
な内容でした。
 それぞれの学年が歌やダンス、ゲームなどで工夫を凝らして行
い、お世話になった6年生と一緒の楽しい思い出の行事になった
と思います。
 送る会の最後に、6年生の代表がお礼の言葉を次のように述べ
ていました。
○「 今日は、ぼく達・私達、卒業生のために『6年生を送る会』
 を開いていただき、ありがとうございました。 1年生とは『ジ
 ェンカのじゃんけんゲーム』、2年生とは『新聞紙ゲーム』 、
 3年生とは「きゃりーぱみゅぱみゅのつけまつけるのダンス」 、
 4年生とは『しっぽ取りゲーム』 、5年生とは『長縄とび競争』
 と、みなさんといっしょにゲ-ムをして、楽しい思い出をつくる
 ことができました。
  この河東の地で、熊町小・大野小といっしょに過ごした2年間
 は、きっと忘れられない大切な思い出になることでしょう。
  在校生のみなさんにもらった元気パワーを生かして、中学校に
 行ってもがんばりたいと思います。本当に今日は、ありがとうご
 ざいました。(6年 佐々木○来) 」
【演技を楽しそうに見ている6年生の写真】 

この代表の言葉のように、本当に楽しく心に残る送る会でしたの
 で、最後に6年生を見送るときには、感動で涙を流している6年
 生や在校生がたくさんいました。
  この3月で、転校のために友達と別れたり、大熊中学校に進め
 なかったりする子どもも数多くいますので、今回の「6年生を送
 る会」 は記念になる思い出になったと思います。
【3年生の「つけまつける」のダンスの写真】

2 学校から 
 ①追悼式を行いました
  今日3月11日に、東日本大震災などで亡くなった方々のため
 に追悼式を行い、全校生で黙とうをしながら、ご冥福をお祈りし
 ました。

 ② 「国語辞典」がそろいました
  桜井有機子さん(相模原市在住、6年生担任の橘内○子のお知
 り合いの方)より、多額の義援金(コンサートの益金)をいた
 だきました。その義援金を基に、多種類の国語辞典45冊をそろ
 えることができましたので、有効に辞典を活用していきたいと思
 います。ありがとうございました。
      
 ③ 絵手紙教室をしていただきました
  左の写真のような素敵な絵手紙ができました。この絵手紙を教
 えていただいたのは会津若松市の佐藤典子さん、遠藤はるえさん、
 安西久子さん、谷邦男さんの4名の方々で、基礎から丁寧にに教
 えていただきました。佐藤さんには昨年も指導していただいてお
 りますが、このようなきっかけは、5年生の時の「伊那まつり」
 が縁になっています。
  作品には、「産んでくれてありがとう」「いままでありがとう、
 父・母 へ」「10年、20年たっても大切な友」・・・など、
 ジーンとくるコメントがたくさんありました。大変な2年間を過
 ごしてきた体験から出てき本音の言葉でしょう。1年の成長はと
 ても大きく、去年よりずっと素晴らしい作品になっていました。
(絵手紙教室の写真)

  ④ 熊本から、またまた、来てくださいました
   熊本県から学生ボランティアの皆さんが、またまた、来てく
  ださいました。代表者の勝見さんなど9名の皆さんで、一週間、
  子ども達と触れあっていただきます。よろしくお願いします。

  ⑤ 赤ちゃんが生まれました
   3年生担任の齋藤○に元気な男の子が生まれました。二男の
  方が、大震災で亡くらられていますので、まるで生まれ変わり
  のようです。おめでとうございます。 
  (裏に、6年生を送る言葉を載せました。)