09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

管理人

Author:管理人
福島県双葉郡大熊町立熊町小学校へようこそ!

現在は以下の場所にて学校を再開しております!
〒969-3411 会津若松市河東町大田原字村中186
電話:0242-7@-1821
FAX:0242-7@-1822
※いたずら防止のため上記@を6に直してください!

これまでの閲覧者数(2011.10.24設置)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR

放射線教育(総合的な学習)

2013.11.29 16:35|学習


 今日は校内の研修で総合的な学習「放射線について調べよう」4年生の授業研究を実施しました。4年生はこれまで「放射線、放射性物質、放射能の違い」や「放射線を計る方法、単位」など調べ学習をしてきました。
 一通り基礎的なところから、新たな課題として「安全に生活するためには・・・」ということで、いろいろな心配事から新たな追求課題を作ります。

 その課題設定の時間でした。サーベーメーターで二箇所の土を計ってみました。
片方は校庭の真ん中の土・・・「ピッ・・ピッ・・・ピッ・・・」
これは秘密の場所の土・・・・「ピッピッ・・ピッピピピ・・・」

 子ども達からは「実際に計りたい」「いろいろな場所を計ってみたい」「手についたらどうしよう」「時間によってちがうのじゃないか」いろいろ課題が出されました。

 続いて担任の先生の家で今年取れた新米。その米袋のラベルに気づいた子。「放射性物質検査って書いてある」
「どんな検査」「どこで検査してる」「他の食べ物は」「野菜は、肉は」「R君の心配は?」

Pb292021.jpg


「ぼくは、釣りが好きで海に行くんですが魚は検査してもらえるんですか?」


大熊町立小・中学校での「放射線教育」は放射線防護教育だけでなく、自分たちの故郷が今後どうなるを含んだ切実な大問題、総合的な学習の時間の学習内容として取り上げ探求的な学習に取り組ませています。